しっとりと落ち着いたオシャレなキッチンカウンターの中で、クールに「シャカシャカ」と規則正しくシェーカを振るバーテンダーに憧れたことがある方もいるのではないでしょうか?

お客様の要望に応じてカクテル作り

基本となる仕事は簡単に言うと「カクテルなどのお酒をつくること」ですが、実はとても奥が深いんです。

お客様のお好みに応じて、何百種類ものお酒を絶妙にブレンドしてピッタリの味を作り続ける必要があります。

カクテルの数もたくさんありますし、定番のカクテルレシピ以外にもお客様の要望に応じてオリジナルカクテルを作ることだってあります。

でも、お酒をつくることだけが仕事ではありません。

重要な特徴は、お客様に楽しくお酒を飲んでいただくためにも雰囲気づくりや会話が弾むように心がけていくこと。これこそが一番な仕事です。


実務を通じて知識と経験を磨くことが必要

高級クラブにはバーテンダーのいるお店も多く存在しており、活躍している方も多いです。

お酒と会話とその場の雰囲気で、お客さまに最高の時間を提供するお仕事にはあこがれますね。

ソムリエのように必ずしも資格が必要なわけではなく、実務を通じて知識と経験を磨くことが必要ですので、アルバイトから始めるという選択肢もあります。

興味がある方はぜひ始めてみてはいかがでしょうか?