クラブで働くボーイ、いわゆる黒服やスタッフと呼ばれる男性従業員にはキャッシャーという業務もあります。

お客様がお帰りになる時に伝票を発行し会計を専任で行うお仕事です。

飲食店でのレジ担当と同じように会計の仕事ですが、クラブでの会計は全て席で行う為、お店のレジとを中継する役割をもっています。

空いている時間にはお店の電話対応を任される事もあります。

正確性と丁寧な気配りが最重要

キャッシャーの仕事の特徴は正確性と丁寧な気配りが最重要!ということです。

高級クラブでの支払いは高額であることが多く、支払いの場合にお客様からたくさんのの現金やクレジットカードをお預かりすることも多く発生します。

会計でのミスはたとえ小額であってもすぐクレームになりますし、金銭トラブルはお店の信用問題になりますので、絶対にミスしないことが大切です。


大切なのはお客様に「また来たい」と思わせること

お金の管理も大切な役割の一つです。一番大変なのは、金額が合わないとき…。

普通はお金が合わないときには、自分の負担になってしまいますので細心の注意が必要です。

そして大切なのはお客様に「また来たい」と思わせること。

お店で楽しんだ後の会計で嫌な思いをしないよう、すぐに会計処理を済ませて帰りの余韻を残すようにしないと「お金を払ったら追い出された!」と思われて、とても気分が悪くなってしまいます。

そのようにならないためにも事前にお客様の会計を把握しておく必要があります。